脱力系コスモ女子。

たまプラーザで隠れ家サロンをしているコスモなオーナーの裏ブログ

京丹後観光と救急車

1泊小旅行で、京都の海で遊んで昨日帰ってきました( ´∀`)

去年行きたいと思って行けなかったので今年こそはと思い立って行きました(。・ω・。)

 

今回の旅は楽しかったけど一体何!?って位に小さなハプニングから大きなハプニングまで色々あって、ブログのネタに書いておこうと思います(笑)

 

 

1日目 予兆?

朝出発の時、車の上にいた虫の死骸を旦那が吹き飛ばして、蜂恐怖症の私は蜂かと思ってビビって後ろに逃げた時車の車輪止めに右足首が引っかかって軽い擦り傷が(^ω^;)

これから海に行くのになんかやめとけって事なんじゃないとか旦那に言われる(笑)

 

 

琴引浜海水浴場に着くが、本日波が高くて遊泳禁止とのことΣ(゚д゚lll)午後からは解禁になるかもと。

 f:id:yuriyahealing:20160718094124j:image

 

琴引浜の天然の温泉がある所に行きたかったがビーチの駐車場が二ヶ所あったみたいで、遠い方の駐車場に停めてしまい無駄に砂浜を歩き疲れて途中で引き返し、もう一つの駐車場に停め直した。

旦那汗だくになり若干不機嫌(笑)いい事ないしこれで海行っても不吉な予感するし温泉でいいんじゃないと言い出す(^ω^;)

海がメインだったし絶対行きたい私はなんとか気を取り直してもらい海に行く(笑)駐車料金返金してもらえたのはラッキー☆

 

目的の海と天然温泉があるとこに着いて、そこでは一部遊泳可能エリアがあったので楽しめましたε-(´∀`*)ホッ

f:id:yuriyahealing:20160718101236j:image

↓天然露天風呂

f:id:yuriyahealing:20160718101513j:image

 

そこでシュノーケルの手袋片方無くしちゃって暫く探してると、すごくデザインの似た手袋が一つ落ちていて、きっとその持ち主が間違えてかわざとかわからないけど持っていかれたのかなと思った(^ω^;)

 

海を出た後はサッパリしに「静の里」という日帰り温泉に行きました。

やはり海の後の温泉は最高ですね~!気持ちよかった(*´∀`)

京丹後は温泉もあちこちに点在していて、温泉好きにも最高だと思います☆

 

その後晩御飯で食べた「安安」という中華料理店の蟹飯麺と、蟹飯メンチがうますぎて、今までの苦労も吹き飛んだ☆

ケンミンショーにも出たお店らしい。

蟹雑炊とラーメンが合わさった感じの食べ物で、トッピングでカニ味噌つけて食べたが美味!

f:id:yuriyahealing:20160718102554j:image

蟹飯メンチは中身は蟹飯麺と変わらずな感じだったので、美味しかったけど、味がかぶるし両方はいらなかったかも(笑)

こちらは標準でカニ味噌付。

f:id:yuriyahealing:20160718102608j:image

 

食べ終わる頃に蟹飯麺の中に小さな虫が浮いてるのを発見し、おそらく虫が入りたて(表現w)な感じだったので、急いで蟹だけは救出して全部食べましたw

 

本当に小さなハプニングが色々あった一日だね~と旦那と話してました(笑)

 

ホテルは寝に帰るだけなので、東横インそっくりなビジホで快適に即爆睡し、無料で朝食までついてきてリーズナブルでありがたかった☆

また来る機会あったらここでいいかも。

 

 

2日目 まったり癒される

二日目は朝から昨日行った琴引浜の隣にある、八丁浜海水浴場という所に行き、曇りでパラソルもいらない涼しさだったので、海には入らず軽くヨガしたり浜辺で語ったりカニを見つけたり瞑想したりしてまったりしてました(*´∀`)

何気にこういう時間が贅沢な感じがして好きです(笑)

瞑想中に呼吸と波のペースが同じ事に改めて気付き、なんか神秘的だな~と思いました(*´∀`)

f:id:yuriyahealing:20160718105924j:imagef:id:yuriyahealing:20160718110336j:image

f:id:yuriyahealing:20160718110247j:image

 

曇りでこの海の透明度、これで青空だったらどんな状態か想像して下さい(笑)

次泳ぐ時は絶対に八丁浜にしようと心に決めました。設備も整ってるし。

家から車で二時間でこれなら気軽に行けるし。

何より京都でこんな海があるイメージがなかったのでびっくりでした。

f:id:yuriyahealing:20160718111235j:image

 

 

 

最後に!

 

 

帰り際、舞鶴港にある「とれとれセンター」という所に新鮮採れたての海鮮を満喫しに行きました。

 

そこに売ってる魚はその場で食べたい分だけ調理してもらえます。

真っ先に目に付いたのは、今が旬で美味しいと言われた天然の岩牡蠣です。

f:id:yuriyahealing:20160718115654j:image

 

私は過去に1度、牡蠣フライであたってしまって壮絶な吐き気等々に襲われた経験を持っていて、二度と食うもんかと思ったのであります。

 

その後食べた経験は、友達の実家がやってるレストランでオマケで牡蠣のソテーしたやつを出されて、内心不安に苛まれながらも食べたら美味しいし、気持ち悪くもならなかったので安心した覚えがあります(笑)

 

後はヨガスクールの友達と卒業パーティーで高級レストランのフルコースで出てきた牡蠣のボイルしたやつが出てきた時もハッとしたけど、大丈夫だろうと思って食べたらやっぱり何ともなかった。

 

そして今回この天然の岩ガキを見たら、なんか無性に食べたくなって、旦那も一緒に一つずつ買ってしまいました(笑)

だってテレビで出てくるような大きさと新鮮な感じだし、私は旦那にこれであたっちゃったらもうしょうがないよね~!でも食べる(笑)

 

なんてぬかしつつデッカイ牡蠣を頬張りました。

f:id:yuriyahealing:20160718120939j:image

う、うまい(*´∀`)

 

海のミルクとはよく言ったものだ。

 

他にも2人で海鮮焼きをたいらげてお腹いっぱいになりました!

f:id:yuriyahealing:20160718121658j:image

 

さて、後はゆっくり帰るだけ!

なんだかんだ楽しかったし京丹後はいい所だった( ´∀`)

 

 

最後の大ハプニング

 車で帰路の途中、なんかよく原因のわからない「トンネル内渋滞」という掲示板がでてきて渋滞しだした。

事故でもなく道路規制でもなさそう。

まぁいいかと思って暫くすると、なんとなくお腹が気持ち悪いまではいかないけど、なんか嫌な感じがしてきた。

 

トイレに行きたい気もするが、渋滞で次のパーキングまで10分だし、、、と、我慢我慢。

でも渋滞してるからいつまでたっても10分から縮まらない…

 

そんな気持ちの焦りからだろうと思ってたが、やはり気持ち悪さは増していく…

いつもだったら結構効くヨガの片鼻呼吸とかヒーリングやってみてもダメだ。集中できん!

 

頭の方だけが暑くなって手足は冷えきっていて、1人で助手席で不審な動きをしていた。
冷房つけたり消したり窓開けたり、運転する旦那の手を握って冷たい手を温めたり(笑)
万が一を考えてゴミ袋を近くにセット。

嘔吐なんて、高校時代に牡蠣にあたってからないし、少し嘔吐恐怖症っぽいとこもあるので、怖かったがそれどころじゃなくなってきた…

 

※この後からは少しグロい表現が入りますので、食事前だったりそういうのが苦手な方は先は読まないで下さい(笑)

 

 

 

 

 

 

では、続けます。

 

 

 

 

 

そしてとうとうヤバイと思って袋を口元に当て、リバース…(;´Д`)おえっ

 

プチゲロと空えづきみたいな感じで以前の様なドバーッとしたリバースではなかったが…

 

1度吐くと少しは楽になるけど体が疲れるし冷汗出るしまたすぐ気持ち悪くなる。

 

というか、吐瀉物がさっき食べた焼きイカとか海鮮の腐敗臭で、それを嗅いだ私はその臭いでまた気持ち悪くなってオエッとなる負のスパイラルに陥った…

 

旦那の前でオナラなんてした事なかったけどそれどころじゃなかったので、旦那にもうガス出すから!と、窓全開で言う私w

でもこういう時のオナラって全然臭わないww

 

渋滞にイラつきながらも解消されてやっとパーキングに着いた。

駐車場に停める時間も待てず、私だけ真っ先に降りてトイレに直行!

 

そこで上からと下からの両方放出…

おしっこがでてるのかと思ったら違う、お尻の方だ(^ω^;)

 

意識朦朧としてきて、冷汗でびちょびちょだし、やっと手を洗うとこに来て鏡を見ると、顔面唇蒼白で、なんか混乱しながらもまじまじとその顔を見ている自分がいた(笑)

 

トイレを出て心配する旦那をよそに、ふらつく私は旦那に支えられながら何とか椅子に移動。

その移動中も、すれ違う人すれ違う人皆がギョッとした表情で私を見るが、そんな事気にしてる余裕などなく、誰でもいいから助けてくれ!楽にしてくれ!と叫びたい気持ちだった。

 

子連れのお母さんが車椅子ありますよと持ってきてくれて、仏頂面で辛うじて会釈するのが精一杯…

それでも座っていても気持ち悪く、床に這いだす始末(^ω^;)

あの時の私はきっと、貞子にしか見えなかっただろうな…

f:id:yuriyahealing:20160718165323j:image

 

旦那がパーキングの支配人の女性を呼んできてくれ、今救急車呼びましたからもう少し頑張って下さいね!と励まされ背中をトイレでさすってくれたのが意外と少し楽になった。

 

しかし、吐瀉済のビニール袋を持ち歩いていると海鮮の腐敗臭がついて回るので、新しい袋が欲しかったのと、何か何でもいいからこの臭いを忘れられるようないい香りを嗅ぎたくて、思わず支配人に

「何かいい香りのする物ないですか(;´Д`)」

と言い、支配人の女性がトイレの手洗い石鹸を出し、

「あ、これなら少し青リンゴの香りがしますっ」

と言われ、すぐさまその臭いを嗅ぐ私はきっとその時は猟奇的なアブナイ人にしか見えなかっただろうなと思った(笑)

 

こんな時こそ普段使ってるドテラのオイルでも持っておけばよかったと思った。

こんな時こそペパーミントの精油でも香れば少しは違ったのかもしれない。

こんな時に何だが、エッセンシャルオイルの大切さを感じた。

 

でも石鹸の合成青リンゴの臭いだけでもだいぶ気が紛れた。

 

それから救急車の音が近付いてきて、車椅子で支配人と旦那に誘導され、初の救急車に担架で運ばれた。

 

家で同じ症状なら救急車までは呼ばないだろうが外出先でこれだとどうしようもなかったから救急車も致し方なかったよなと思いながら恥ずかしい気もしたが、そんな事考える余裕もなかったので、若干初の救急車に興味津々で車内の様子をちゃんと見たかったが、お腹がキリキリ気持ち悪くて冷汗と繰り返す嘔吐で力が入らなかったので目をギュッとつぶってお腹をさするのが精一杯だった。

 

旦那も一緒に救急車に乗り込み、手を握ってくれて大丈夫だよと声をかけてくれていた。

なんかドラマみたいだ…と、朦朧とする意識の中で思った自分がいた。

 

救急車内では名前を言わされて、ずっと血圧を計られていた。

牡蠣や海鮮を食べてから3時間位経ってから気持ち悪くなりだしたとか、過去にも牡蠣であたった事があるとか詳しい説明は旦那が全部してくれていた。

 

救急車で上体起こして横になれた時の安心感もあり少し楽になった気もした。

 

そのまま病院に着き、救急搬送口から担ぎこまれ、触診と聴診器をあてられ、おへその上の方がキリキリ痛いですと伝えたりして、とりあえず点滴をして様子見ましょうとのこと。

 

私は点滴も生まれて初めてだったので、ちょっと怖かったが、その時は楽になれるならどうにでもしてくれ状態だったので、意外と平気だった。

 

点滴するベッドがリクライニングできないやつだったので、仰向けに寝ていたらやはり気持ち悪くなり、そこでまたプチゲロ3回ほど繰り返す…

 

口の中も気持ち悪く、臭いも相変わらずイカ臭く、またスパイラルにハマりそうだったので、慌てて看護婦さんに

「水ください!ビニール袋替えて下さい!あと寒い!」

と訴え、処置してもらった。

嘔吐したのはそれが最後だった。

 

今度は点滴中にトイレに行きたくなり、点滴したままトイレに行き、相変わらずのおしっこがお尻から現象でとりあえずスッキリした。

 

点滴の力なのか、段々顔色が良くなってきて、ようやく私も周りの環境に意識がいくようになってきた。

 

旦那も安心したようで、救急車に一緒に乗ってきたから、旦那は車をパーキングに取りに行ってくるということで、山の上にある病院だったため、タクシーを使ってパーキングに戻り、車で戻ってきてくれた。

 

その間にもだいぶ体調が回復してきて、念のためのお薬だけもらって、再び帰路についた。

帰りの車では爆睡させてもらった(笑)

おかげでより回復しました。

 

それから今まであまり食べたくなくてポカリしか飲んでないけど、もう少ししたらお粥とかカロリーメイトでも食べようかなって感じです。

後はほっといても治るでしょう。

 

 

私も大変だったけど、旦那も初の救急車体験だったりであたふたしただろうし色々大変だったよねと思って、深い感謝の気持ちでいっぱいです。

 

お世話になったパーキングの支配人の方、車椅子持ってきてくれた見知らぬ一般人の方、救急隊員の方々、京丹波町病院の方々も本当に親切に優しくしていただいて、初めての緊張感をかなり解いてくれました。

本当にありがとうございました。

そして旦那、ありがとう(T-T)

 

ここだけ思い返しても、人間って色んな人達に支えられて生きてるんだなと、このブログを書きながら頭も整理されてきて、なんか感動しています。

 

病院嫌いの私が、人の命を救う仕事の素晴らしさを間近で実感して、普段は体験できないような人の温かみに触れ、ハプニングではあったけど、素敵な思い出に脳内変換されました(笑)

 

そして肝心の牡蠣ですが、お医者さんに聞いた話だと、牡蠣の細菌がいて、普通の人は何ともなくても、その菌に弱い体質の人もいるからそういう人が食べるとかなりリスクの高い食べ物だと言われたので、今後何があっても牡蠣は食べないと誓いました(笑)

そこまでして食べたくないしw

 

 

色々あったけど、京丹後、いいとこですよ?

八丁浜の海は絶対また行きたい!

 

 

 

それでは、長々読んでいただきありがとうございました☆