脱力系コスモ女子。

自分の思考整理するための気ままブログ

人間の先入観とドラレコ

最近あった変な一日について書こう。

 

旦那と昼から義母の家に向かうために、車に乗ろうと車を見ると、ワイパーに挟まれたカードがあった。

 

「車買取り販売店○○。失礼を承知でこちらにご案内置かせていただきました。車高価買取させていただきますぜひご連絡ください。」

みたいなメッセージカードがワイパーに挟まれていた。

 

最初は警察の駐禁の紙が何かかとビックリしたが、いやいやここは家の駐車場だし(笑)

 

ていうか、私有地に入ってきて車見てワイパーに挟んだのかと思うとなんか気味が悪いし、仮に売るとしてもそんな会社には売りたくない(笑)勿論売る気はない(^^)

 

 

うちの車は新しくはないけど、年々需要と希少価値が上がっている車なのは知ってるので、しかも変にいじってないノーマルのままキレイに維持してるので尚更希少価値が高いし、やっぱ日本車って性能はいいのにデザインはなんでどれもダサいんだろうと思いながら、家の車を惚れ惚れしながら見ている究極の自己満(笑)

 

 

そして車が汚れてたんで、全体をキレイに拭いてピカピカにしていざ出発~

 

 

 

義母をピックアップして、近くの高倉町珈琲という喫茶店に行ってランチ🚙💨

駐車場も広く、店内も座席もゆったりくつろげるし、トイレも広いし、メニューも豊富でなにここすっごくイイ!と、感動した☆

 

 

 

その後近所の某スーパーで買い物をするため、駐車場の一番端に車を停めた。

このスーパーの駐車場は狭いし混むし運転しにくいからか、当て逃げか何かでライトが壊された車などが警察と共に立会いしているとこを二、三度見たことがある。

隣の車は赤い軽自動車で、夫婦子供が乗っていたのが印象的で、店の中に入っていくとこだった。

 

 

そして買い物を済ませ、車に戻ると、隣は別の車が停まっていた。

気にせずそのまま駐車場を後にしてスーパーを出てすぐの所に、先程の赤い軽自動車が停まって警察と奥さんらしき人が話していて、「あっ!さっき横に泊まってた車だね。何があったんだろうね。」と、話しつつ。

車内には夫と息子らしき人も乗っていた。

 

 

そんなことはすぐに忘れ、実家に着く。

私と義母は買い出しの品を冷蔵庫にしまっていた。

旦那は1人で車のマットを庭で洗っている。

そこでティッシュボックスを座席に固定する丈夫なベルトが、変な千切れかたをしているのを発見したらしい。

 

それを見た旦那は、その時何か変な予感がしたらしく、気になって車全体を見た。

サイドボディをみて、特に何もない。

だよな、気のせいだよな(笑)と、思ったらしい。

そして、前部を見た。

 

 

 

f:id:yuriyahealing:20190219100059p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuriyahealing:20190219100320j:image

ぶつけられとるやないかーい!!(╬^∀^)

 

 

嫌な予感的中した旦那。こういう直感がちょくちょくはたらくうちの旦那(笑)

 

 

そして同時に内心、立証は難しい泣き寝入りだろうなとも思ったらしいが、とりあえず警察に向かう事に。

 

 

 

旦那と義母と私の誰もが、スーパーの駐車場の隣に停まっていた赤い軽自動車が犯人だと思った。

勿論確定はできない。

 

なぜなら、その後スーパーの出口でその車が警察といた所を見ていたからである。

 

タイミング的にもきっと確率は高いと、そう思い、急いで警察へ向かった。

 

 

 

義母は昔の職業柄、車のナンバーを覚えるクセがあったので、その車のナンバーまで覚えていた(笑)

更に警察といた目撃情報や、時間帯や場所、警官はバイクだったか車だったか等、その数々の情報の一致から、私達が嘘は言ってないという事は証明できた。

 

 

その車は確かにその時物損事故を起こしていた事もわかり、じゃあきっとうちの車にもぶつけた確率は高いと思ってしまった。

 

朝家を出る時たまたま車も拭いていたので、その時点では傷がないことも確認している。

 

 

茶店の駐車場は、結構ゆったりした作りだったし、あそこで当て逃げされた可能性もゼロではないが、スーパーの狭い事故多発駐車場に比べると確率は低いと思った。

 

 

スーパー駐車場で赤い軽自動車以外の車が当て逃げした可能性だって勿論ある。

だとしても、あの買い物の1~2時間の間に、そんなに2台も別々に同じ敷地内で事故起こすだろうかと考えると、やはり赤い軽が相当ヘタクソでうちの車にぶつけて、出口でも擦ったんではないかと思ってしまった。

 

 

それもこれも、パーキング機能付きのドライブレコーダーがあれば一発なのだろうが、何せドラレコを買おうとしていた矢先の出来事だったので、さらに悔やまれる。。

 

 

とりあえず立証不十分で泣き寝入りになっても仕方ないが、折角の機会なので勉強になるし、出来ることはやってみようと。

 

バンパーの傷で済んだのが不幸中の幸いで、私は密かに探偵気分を楽しむ余裕すらあった(笑)

 

 

 

現場検証にも立会い、相手方はスーパーの物損事故はしたが、うちの車にぶつけた認識はないと言ってる旨も警察を通して伝えられる。

 

まぁ本当にそうかもしれないし、仮にぶつけてたとしても、人の車相手じゃ面倒な事になると思うとしらを切りたいだろうから、後は警察の方々に任せる事に。

 

 

警察の方々は傷の高さや長さ等、淡々と進めながらも真摯に対応して下さいました。

 

 

 

そしてやはり立件が難しい事も伝えられ、傷の整合性からしても、赤い軽は犯人ではないと言える旨も説明された。

まぁそれは予想の範囲内だったので、最後に直接車の傷を見て納得したいと旦那が警察に申し出て、相手方のご好意で車を見せていただく事もできました。

 

 

結果、相手方の車高は思ったより高く、うちの車の傷の位置は、相手の車輪部分になるため、確かに違うなと納得出来たのでした。

 

 

にしても、うちは車の傷と隣の赤い軽の事故現場を見た先入観もあり、他の可能性も広く考えはしたものの、人間の先入観って怖いなとも感じました。

まぁでも、可能性を潰すためにはこちらも必要な事でしたので、しょうがないですね。

 

そんなこんなで長い一日になり疲れました(笑)

 

 

相手方もきっと、スーパーで物損事故して、更にその後関係ない別のうちの車からもぶつけたんじゃないかと疑われ、散々な一日だっただろうと思うのに、車まで見せていただけて、誠意を感じました。

警察の方々も、相手方家族にも心から感謝しています。

 

 

警官の1人が、元走り屋なのか何なのか知りませんが、ちょいちょいスポーツカーの知識とか、バンパーの素材の事とか知識アピールしてきてたのが、茶目っ気があり面白かったです(笑)

 

 

 

当の真犯人は、トンズラこいて知らんぷりなのは腹立たしいですが、まぁバンパーの傷で済んだし、愛車ならドラレコのパーキング機能付きで、トンズラこけないように自分の身は自分で守るいい授業料になったと思えば納得です。

 

 

 

家に帰ってから理系のうちの旦那は、シュミレーションとか次回に生かすための対策立てるのが好きなのでw

 

 

 

 

 

「くそー、喫茶店とスーパー駐車場で、バンパー塗料の剥がれた破片を探せば、せめてどっちで起きた事故かは断定できたな~基本的なとこが抜けてたわー。警察もそういう基本的なの探さなかったってのはどーなのよ…」

 

と、探偵ごっこは続いていました(笑)

 

 

 

あ、因みにスーパーも喫茶店も、駐車場に防犯カメラついてなかったです。

もしあっても、いちいち個人のトラブルに付き合ってらんないし無いって言っちゃうとこもあるのかな。

 

 

 

販促みたいで嫌ですが、

ドラレコ買うなら、事故の前!ですね(;´ω`)

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました( ੭´꒳`ᑦ )